浅草お祭りぐるめ 浅草西参道店 | 日記 | もなかの起源は江戸吉原にあり

お祭り屋台のお店

Top >  日記 > もなかの起源は江戸吉原にあり

浅草お祭りぐるめ 浅草西参道店 の日記

もなかの起源は江戸吉原にあり

2015.06.14

もなかの起源は江戸中期、吉原「竹村伊勢」という煎餅屋で売り出され、もなか種に砂糖をまぶして販売していました。商品名は「最中の月」。ちなみに最中の名前の由来は更にさかのぼること1200年前の平安時代に月見の宴をした時に歌われた句のなかの言葉だそうです。現在の餡を挟んだもなかは、明治以降に売り出されました。アイスもなかの起源は正しくは分かっていませんが、大正末期に日本で売られていたようです。

日記一覧へ戻る

【PR】  体育進学センター大阪校  ゴルカフェワン  日本習字教育財団「和翠習字教室」  カイロプラクティック中山乃療術院 (ナカヤマノリョウジュツイン)  薬草堂